岡山理科大学プロジェクト研究推進事業

『IoTクリーンエネルギー技術研究開発プロジェクト』

  • 岡山理科大学プロジェクト研究推進事業

    本事業は、岡山理科大学の研究活動を活発化させ、岡山理科大学を代表する特色ある研究の育成を目指として設立されています。

  • プロジェクト研究概要

    材料・電気・通信分野の研究者が分野横断的に連携し、新エネルギーの生成・システム構築に至るまでの要素技術を開発します。

  • 参加研究者

    基礎理学科 森嘉久、応用物理学科 石田弘樹、電気電子システム学科 河村実生・笠展幸・荒井伸太郎・麻原寛之らが参画しています。

  • 取組内容

    『排熱発電』『超伝導発電』『IoT電力管理』『非接触給電』をキーワードに2年間の実施期間にて研究開発に取り組んでいます。

排熱発電

熱電池によって発電された電力をバッテリへ給電。電力利用率及び電力変換効率の観点から性能評価する。

超伝導発電

超伝導モータの性能向上および超伝導発電システムに関する基礎要素技術開発を行う。

IoT電力管理

熱電池から最大電力を取り出すためのMPPT制御手法の構築、可視光通信システムの開発に取り組む。

非接触給電

従来法と比較して1/200以下の極端に低い交流周波数帯でのワイヤレス給電に取り組む。